印鑑の効力

イメージ画像

認印をなめたらいけません。なんて自分で言っておきながら、認印と言えばシャチハタで毎日ポンポン押しまくってます私。しかし、認印であろうと実印であろうと本人が押したことが証明されれば、法律上の効力は同じとされるそうです。恐ろしい。シャチハタも立派な自分を証明する印鑑なのです。容易に押さないようにしましょう・・・。

実は恐ろしい印鑑ってことで、次は捨印についてお話しましょう。よく何か契約する時に捨印を押す欄ってありますよね。私は今まで保険を契約する時や、クレジットカードの時もあったかな?って感じにぐらいにしか覚えていないのですが、もちろんそんな私ですから何も考えず押していました。捨印。しかしこの捨印も認印同様なめたらあかんのです。

まあ認印に比べたら危機感は皆さんお持ちかとは思いますが。この捨印の意味といえば、書類が契約書だとして、その契約書を作成後訂正箇所が見つかった場合に、その都度捨印をもらいに作成者のところへ行く手間を省くために、予め欄外に訂正印を押しておく、という事なのです。作成者が捨印をすることによって、無断で書類の文章内容を変更してもいいですよ~と言っているようなもんなんですってよ!!恐ろしい・・・。
確実な信頼関係がある場合は良いですが、怪しい業者などは要注意です・・・。

あとはですね~判子はあなたの分身なのです。なのできちんと大事に保管しておきましょう。必ずケースに入れて保管しましょう!印材は生き物なので、ケースに入れておかないとヒビが入ってしまったり欠けてしまったり変色してしまいますよ~!



印鑑のお役立ち情報

【印鑑サイト.com】は印鑑・実印の販売情報が豊富!
印鑑を買うときのポイントや、素材えらびのコツをご紹介しております。

このページの先頭へ